レッスン内容


レッスンの内容をクラス毎に分けて具体的に説明したレッスン内容一覧表です。

クラス

レッスン内容

旅行
イタリア語

旅行中に使うイタリア語を基本的な要素から旅行のシーン毎にまとめてお教えしますので、全くイタリア語が話せない方でも短期間で簡単な旅行イタリア語が話せるようになります。(詳細)

入門

「イタリア語アルファベットの発音と書き方」、「注意すべき発音について」、「文法のイントロダクション(初級で文法を学ぶ為の基礎)」・・・等を学習する。(詳細)

初級

「問いかける」、「自己紹介」、「許可の問答」、「挨拶」、「話を中断する」・・・等をレッスンする。(詳細)

中級

「恐怖を表す」、「勇気づける」、「相手の発言についてその理由を尋ねる」、「反感や嫌悪を表す」、「忍耐やあきらめを表す」・・・等をレッスンする。(詳細)

上級

「ある物事について、その可能性の見込みの有無を表現する」、「ある物事について、その必要性の有無を表現する」、「賛美・感嘆」、「同情・悲しみや苦しみの共有」、「驚き」、「話を続けてくれるように頼む」、「話の結論を求める」・・・等をレッスンする。(詳細)

最上級

「小説から抜粋した節を読み、理解し、翻訳する」、「報道記事(政治、経済、社会、事件、文化、健康、食生活、受講生の興味のある記事)を読んで、理解し、翻訳する」・・・等を学習する。(詳細)

翻訳者
支援育成

翻訳者支援育成クラスとは、翻訳者を志望する方、又はレベルアップを図りたい翻訳者を対象に、イタリアーノ塾講師が翻訳フォローする翻訳支援レッスンを受けることで翻訳者として支援育成されるクラスです。 ・・・翻訳者としてデビューする。(詳細)

ビジネス

ビジネスクラスでは、イタリア語でビジネス(輸出入業、代理店窓口等イタリア語を用いた自営業等イタリア語で働く、又はイタリアで就職)が出来るように、「仕事を探す」、「入社する」、「宣伝広告する」・・・「問題を解決する」、「お金に関して」、「見本市にて」等を学習する(詳細)

・上記表内のレッスンの内容の「 」内は、実際にレッスンする内容のタイトル・キーワード・文法項目の一部であり、これらに関連したレッスンや応用表現、練習問題、イタリアの文化一般に関する読み物、最新の新聞記事からの抜粋等も含め、盛り沢山のレッスンを準備しております。


『アナと雪の女王』のイタリア語バージョンです。楽しく聴いてイタリア語で歌ってみましょう♪

   


祥子先生からのコメント  

 祥子先生の コメント!
 一番に心掛けていることは、その方の学習目的、スタイル、テンポに合ったレッスンです。

 普段使用するテキスト以外にも、ニーズに合ったプリントや練習問題を豊富に用意しています。


 日本人が間違いやすい文法事項や、疑問に思うことの多いポイントを、日本人の視点で分かりやすく解説致します
 全く初めての方(入門)
カップチーノ、パニーニ、ズッキーニ、エスプレッソなどなど、日本にもいつの間にかイタリア語が溢れていますよ!身近な単語から発音や文法を少しずつ学んで行きましょう! 
 少し勉強されたことがある方(初級)
前にやったことあるけど忘れちゃった、とおっしゃる方はたくさんおられます。でも大丈夫。練習問題などをやっていくうちに少しずつ思い出してきますよ。近過去、半過去、代名詞などが使いこなせるよう学習して行きましょう!
 結構勉強されている方(中級)
未来形、大過去、条件法、関係代名詞などを使って、さらに複雑な会話ができるようにして行きましょう!でも、前へ進むだけが全てではありません。自信のない箇所に立ち戻ってしっかり押さえておきましょう!
 さらに上へと進みたい方(上級)
接続法を使った文や、複雑な時制を織り交ぜた会話文などを通して、文法事項の集大成を目指しましょう!ネイティブであるフィオレンツァ先生とコミュニケーションがとれるようになるのが目標です。

英語でイタリア語レッスン &

英語とイタリア語が同時に習える!

「イタリアーノ塾」では通常、日本語でイタリア語をお教えしていますが、フィオレンツァ講師は英語でもイタリア語をお教えいたします。

一つのレッスンで英会話とイタリア語会話を同時にレッスンできるので、英語を上達させたい方で、イタリア語も話せるようにとお考えの方は是非お申し込み下さい。

ご希望される方はレッスン予約お申し込みフォームの連絡事項に「英語でイタリア語レッスン希望」とご記入下さい。


■イタリア語検定試験合格を目指す個別指導レッスン

実用イタリア語検定、ローマ第三大学主催のITSocieta Dante Alighieri主催のPLIDA、シエナ外国人大学主催のCILS、ペルージャ外国人大学主催のCELI など、全てのイタリア語検定試験合格を目指す個別指導レッスンを行っています。

イタリアでは、外国人の大学入試の条件の一つとして、また、企業の外国人採用条件の一つにCILS合格証明書が求められることから、最近はCILSを受験する生徒さんも増えてきましので、イタリアーノ塾では、より受験対策を強化いたしました。その内容を説明します。

CILS検定試験対策について
(←クリック)
CILS検定試験の過去問題集の一部
(←クリック)

講師は、イタリア語を日本の方に、20年以上お教えしてきたことで、生徒さんが文法でつまずく部分も把握しています。

日本語の文法には無いイタリア語文法による表現があるため、日本の生徒さんにとって、イタリア語文法の理解しにくいポイントを明確に把握したうえで、適切な指導を行ないます

講師が、各生徒さんの理解度をチェックしながら、各生徒さんのレベルに合わせた豊富な教材を用いることで、苦手とされる、例えば文法、長文読解、作文等も必ず克服できると確信しています。
作文を書くことと、添削・校正で指摘された間違いをチェックすることで作文能力が必ず向上します。

文法や長文読解(Lettura)の集中授業も、基本的に、イタリアーノ塾で使用しているテキストやイタリアの文部省認定のLetturaに関する問題を掲載した教材を用いて集中的にレッスンすることになります。また、リスニングは、検定試験を想定した形式でレッスンしますので、聴き取り力を向上させると同時に、検定試験会場でのリスニングもイメージすることができ、リスニングのレッスン数を重ねていくことで確実に聴き取り能力を向上させることが出来ます。このように、イタリア語検定試験の各試験項目への対応を充実させたことで完全にイタリア語検定試験合格を意識した個別指導レッスンを進めていきます

さて、レッスンで習ったことを確実に覚えていただく為に、生徒さんがご希望される場合、復習の意味で宿題を準備しておりますが、この宿題メールではイタリア語検定試験を想定した形の問題をも取り揃えております。その宿題例をご覧ください。

宿題メール(4択問題)の一部
(←クリック)

 **************

宿題リスニング  tanto tanto  リスニング

宿題リスニングは、集中的に、より多くのイタリア語に聴き慣れ、また、ただ聞きながすだけでなく、リスニング本文内容に関連したイタリア語での質問に対しイタリア語で答えることが出来るように構成されており、その回答がメールで、又はレッスン時に校正・添削されますので、より深くイタリア語を理解し、より早くイタリア語が話せるようになります。

レッスン以外にもネイティブイタリア語である宿題リスニングを繰り返し聴くことで、生徒さんがイタリア語に耳慣れし、自然にイタリア語が喋れるようになっていきます。ですから、宿題リスニングを出来るだけ多く、いつでもどこでもリスニングしていただくことをお勧めします。

宿題リスニングの会話文リスニングの効果的な7ステップ学習方法(←クリック)

リスニング直後に、実際に発音して下さいと朗読指示等もありますし、また、リスニング内容に関する様々な質問に答える形式の宿題リスニングは「聴く」、「話す」、「考える」、「理解する」、「フィードバックする」等のイタリア語会話に必要な多くの要素を満たした究極のリスニングです。リスニング音声ファイルデータはmp3形式に変換してありますので、CDの曲を聴くと同じように、iPodiPad、ウォークマン、mp3プレイヤー等にコピーすることで、気軽にお好きな場所でお好きな時間帯に、通勤途中の車や電車の中でも、ご自宅で家事をしながらでもリスニング出来ます。

「イタリアーノ塾」でイタリア語会話レッスンをしていらっしゃる生徒さんが、イタリア語検定試験合格率が極端に高く、そして、イタリア語を短期間に上手に話せるようになる理由の一つが、このリスニングです。聴いて、発音し、質問の答えを考え、回答が間違っていれば講師がフィードバックし完璧な日本語で説明をして理解してもらえるようにフォローします。基本的な会話のリスニングからイタリア人の日常的な早口会話までの豊富なリスニング教材を用意しております。

宿題リスニングとして、初級クラス向け、中・上級クラス向け、最上級クラス向けの3セットを用意しております。音声ファイルでリスニングされる際、初回はテキストを見ないで理解できるかどうか試してみましょう。そして、続けて効果的な7ステップ学習方法に沿って明確に聴き取りましょう。実際には、下記のお試しいただくリスニングの他に、リスニング本文テキストやリスニングの内容に関連する別のリスニング形式の練習問題、イタリア語での質問、指示等も含む一通りの形式が、完全な形の宿題リスニングとなります。これらの宿題リスニングを連続的に提供していきますので、継続されることで聴き取り力が見違えるほど向上します。

お試し宿題リスニングは一部分だけですが、どうぞお試しください。


宿題リスニング(初級)(←クリックしお試しの宿題リスニングを体験する)

宿題リスニング(中・上級)(←クリック)

宿題リスニング(最上級)(←クリック)

(宿題リスニングのお試しには、Windows Media PlayerやQuick Time等の音声を再生するソフトがインストールされている必要があります。)
 **************

abilità di ascolto (レッスンの中でのリスニング

皆さんのレベルに合わせたリスニング(聴き取り)のレッスンを行います。イタリア語に聞きなれることで、会話能力をアップさせ、話すことも自然に出来るようになります。また、イタリア語検定試験のリスニング試験を意識したレッスンとなっており、具体的には、講師が朗読した内容を聞いて、その内容に関連した質問に対して回答するレッスンとなっています。 
リスニングは、イタリア語検定試験に合格するためにも、又、イタリア語をステップアップするためにも重要な要素なのでリスニングのレッスンを定期的にお受けされることをお奨めします。
リスニングレッスンのお申し込み方法は、「レッスンの予約」フォームの中の「リスニングのレッスン希望」をご選択していただくだけです。

初級レベルのリスニング レッスンの例
講師朗読

Marco: Ciao.Sono Marco. E tu come ti chiami?
Chiara: Mi chiamo Chiara.
Marco: Piacere!
Chiara: Piacere! Sei di qui?
Marco: No, sono di Roma. E tu?
Chiara: Io abito qui a Loano. Sei qui in vacanza?
Marco: Si, e mi piace molto.

生徒さんへの質問(Scegliere la parola giusta fra A, B, C e D
質問1: La ragazza si chiama …
A: Cara  B: Carla  C: Ciala  D: Chiara

質問2: Marco è di …
A: Loano  B: Roma  C: Pisa  D: Venezia

* * *
中上級レベルのリスニング レッスンの例
講師朗読
Franco: Cameriera, questo e` il nostro conto?
Cameriera: Certo. Perche`? Qualcosa non va?
Franco: Guardi, qui c’e` scritto come primo: minestra e spaghetti al pesto. Io non ho mangiato il primo e il mio amico ha preso cannelloni al forno. Poi chi ha ordinato una bottiglia di vino? Noi ne abbiamo bevuto solo mezzo litro.
Cameriera: Mi dispiace, non capisco cosa possa essere successo.
Franco: Un attimo, questo non e` tutto. Secondo lei, abbiamo ordinato tre dolci. Come vede, siamo in due e comunque non abbiamo preso il dolce. Per finire, sul conto ci sono scritti quattro caffe`. E` un po` esagerato, no?
Cameriera: Scusate, ho capito quello che ho fatto. Vi ho dato il conto del tavolo accanto. Un momento. Questo e` il vostro conto.
Franco: Adesso si` che va bene!
Cameriera: Di nuovo tante scuse, ma con tutta questa gente stasera…! Spero che abbiate mangiato bene, nonostante questo piccolo contrattempo
.

生徒さんへの質問
質問1 Quali sono le cinque cose sul conto che Franco non ha ordinato?
質問2 Qual e` stato l’errore fatto dalla cameriera?


* * *
最上級レベルのリスニング レッスンの例

文法を一通り学ばれ、上級クラスを終了された生徒さん向けとして、ハイレベルのテキストを準備しております。
このテキストを用いたレッスンでは、読解力、会話力、筆記力の向上に向けて集中的に学習いたしますが、会話力を高めるために特別なリスニング教材も用いてレッスンを進めていきます。例えば、早口の会話や南イタリアの人の発音等、地域性による聞き取り難い会話等、いわゆる最上級レベル向けのリスニング教材を用いることで、イタリア語のスピードに慣れ、地域性の発音の違いにも慣れながら、テキストに沿って奥の深いイタリア語を学んでいきます。レッスンで用いるこのテキスト用リスニング教材は、mp3ファイルでお渡ししますのでご自宅で何度でも聞いていただけますし、その教材に関連した練習問題にレッスン中に取り組んでいただき、レッスンのポイントや難しい部分を解説しますので、奥深いイタリア語が確実に自分のものになっていくのです。
レッスンで用いるリスニング教材(mp3ファイル)の始めの部分だけをカットして抜粋し掲載しましたので、どうぞお聴き下さい。会話等のリスニング本文を聞いていただいた後に関連する様々な質問に答えていただくスタイルです。イタリアーノ塾ではこのような聞き取り難い最上級者向けの音声ファイル等も豊富にご用意しておりますので、検定試験のリスニング対策として、又は、イタリア語ステップアップの目的としてご利用下さい!
 聴き取り難い、最上級レベル向けリスニングの一部(←クリック)


■翻訳者支援育成クラス

翻訳者支援育成クラスとは、翻訳者を志望する方、又はレベルアップを図りたい翻訳者を対象に、イタリアーノ塾講師が翻訳フォローする翻訳支援レッスンを受けることで翻訳者として支援育成されるクラスです。

具体的には、翻訳者がレッスンを通して翻訳者としての知識を吸収しながらレベルアップを図ると同時に、翻訳支援してほしい部分(例えば、辞書に記されていない訳し方等)について、講師の指導を受けながら翻訳を完成させます。

日本人翻訳者の弱点は、和訳の場合、イタリア語表現をどのように訳していいか分からない難易度の高い場面で、辞書に記載されてないと訳せず、翻訳不可となってしまうことです。 伊訳の場合には、熟語を含めたイタリア語表現が分からない場面で辞書に記載されてなければ、意味を取り違えて訳してしまうことです。翻訳後、出版されてから誤訳が判明、又は指摘されたのでは手遅れです。

中・上級クラスの貴方が翻訳支援レッスンを受ければ、貴方は翻訳者になれます!
翻訳支援レッスンで学習しながら翻訳の準備を進め、翻訳業務を受けた際に、難しい翻訳部分の添削や指導を受けることで、どんな翻訳でも完成できるように講師がフォロー致します。

 翻訳支援レッスンによる効果の一例

      ① 講師が、翻訳者を志望する方の後ろ盾となることで、翻訳者としての独立を手助けし、翻訳者は従来出来なかった、レベルの高い翻訳業務を受注することが出来るようになる。

      ② 翻訳者を志望する方は、自信を持って翻訳に取り組むことが出来るようになる。

      ③ 翻訳者が、誤訳してしまったとしても、添削作業で訂正することが出来るので、翻訳精度の向上を図れる。

      ④ 翻訳者になるためには、長年の実績や翻訳経験が求められたりするので、従来、イタリア語レベルが最上級クラスの翻訳者しか翻訳受注できなかったのですが、イタリア語レベルが中・上級クラスの方でも気軽に簡単に翻訳を受注し、翻訳作業に取り掛かることが出来る。

      ⑤ 出版社から翻訳レベルを試される「お試し翻訳」においても、翻訳支援レッスンで翻訳の難しい部分を添削されることで、よりパーフェクトな翻訳となり、「お試し翻訳合格」の結果を導くことが出来る。

      ⑥ 電子書籍(e-book)時代到来の今、イタリア語レベル中級クラス以上の方であれば、翻訳者支援育成クラスの翻訳支援レッスンを利用し、より簡単に翻訳者としてデビュー出来る。

      ⑦ イタリア語を中・上級レベルまで学習された方が、気軽に翻訳者としてスタートでき、その翻訳収入を受け取れるようになる。

      ⑧ 翻訳した本に貴方の翻訳者名が刻まれることになれば、その本こそが、翻訳業務受注において「最大のコマーシャル」、「最高のアピール」、「黄金のツール」となり、翻訳業を軌道(レール)に乗せることが出来るのです。


 翻訳支援レッスンを受ける準備

      ① ご自分の得意分野、又は興味のある分野を選定します。

      ② ご自分の興味のある分野の翻訳候補となるイタリア語か日本語の本(E-Bookも可)を幾つか選定します。ベストセラー又は発行部数の多い本を推奨。

      ③ 翻訳候補に選定した本を最低2、3冊読み、心から「この本を翻訳して人々に広めたい」と思った本1冊を準備します。

      ④ 翻訳に必要と思われる辞書を用意します。

      ⑤ 翻訳を開始し、翻訳支援レッスンで添削指導を受けながらパーフェクトな翻訳を進めましょう。

*上記は準備の一例。企業や出版社等からのトライアルや翻訳依頼の要請を目標に翻訳支援レッスンを受けて準備するケースも有り
*翻訳対象が、比較的簡単な一般文書
(パンフレット、Webサイト等)であれば専門分野向けの辞書は不要。

*翻訳支援レッスンのお申し込みは「お試しレッスン予約」フォームから「翻訳者支援育成」をご選択。
*翻訳支援レッスン料金は、プライベートレッスン料金と同じ。


 電子翻訳書籍のセルフ制作&セルフ出版

貴方のご選択した本をご自分で翻訳し、電子書籍をご自分で制作し、ご自分で出版する方法をご提案します。
出版社に問い合わせて、翻訳だけすることで翻訳出版の同意を得るケースが現在の主流となっておりますが、全てご自分で書籍を翻訳し、電子書籍を作成し、出版することもできるようになりました。
最近は、電子書籍化の急激な進歩に伴い、2016年にはスマートフォン契約が7000万件を超えると言われるほどスマートフォンが普及しているのです。
この莫大なスマートフォンユーザーを対象に、ご自分で翻訳し、ご自分で電子書籍を制作し、ご自分で出版するのです

具体的には、EPUB電子書籍に対応した「文楽」(http://epubunraku.com/)、及び「Paboo(パブー)(http://p.booklog.jp/)のサイトでユーザー登録すれば、サイト内で書籍を制作し販売することが可能となります。翻訳本を制作出版される場合は、書籍制作の前に、著者又は出版社から翻訳・出版許可を入手することが必要になりますので、その翻訳・出版許可願いのレターをイタリア語で作られる場合は翻訳支援レッスンで指導いたします。

『電子翻訳書籍のセルフ制作&セルフ出版の流れ』
① マーケティングプランを計画し、販売数が期待できそうな本(書物)を選択する。
② 著作権を持つ著者から翻訳出版の許可を取る。(許可申請レターには交渉力とノウハウが必要なので講師がフォロー!)
③ 電子翻訳書籍を制作する。(講師が添削し、難しい翻訳をフォロー!)
④ 販売プラットフォームに登録する。
⑤ ソーシャルメディア、ブログ、Webサイト等で告知する。
⑥ 読者とコミュニケーションをとり、ファン層の拡大化を図る。

例え例えば、文楽で貴方の電子書籍を販売した場合、1冊販売するごとにかかる手数料は8%+100円なので
1000円の価格設定で100冊販売すれば82,000円の売り上げとなり、
2000円の価格設定で500冊販売すれば870,000円の売り上げとなります。

数百円の価格設定でも20万冊を販売すれば億単位の売り上げとなり、電子書籍の世界では既に100万冊のベストセラーも出ております。
是非、貴方もベストセラーを狙いましょう。
ワクワクしませんか?



■ビジネスイタリア語クラス 

下記のようにイタリア語を用いてビジネスされる方を対象に、ビジネスイタリア語クラスでのレッスンをご提供いたします。
● イタリア関連企業に働く
(働きたい)
● 輸出入企業に働く(働きたい)
● 自営業でアパレル、食材、ワイン等を輸出入される方
● イタリアに出張・赴任される方
● イタリア企業の為に日本で窓口・アシスタントをされる方
● イタリアの見本市・フェアでビジネス交渉される方
● スキルアップの目的で第2、第3外国語としてイタリア語を習得される方

イタリア語ビジネスの常識、知らないと損をするビジネス会話のコツ、交渉成功に導く会話の豊富なノウハウ等、イタリア語会話のビジネス成功術の全てをお教えしながら、イタリア語でビジネス会話が出来るようにレッスンします。
具体的な「レッスン内容の詳細」や「テキストのレッスン内容項目」は、ページ一番上の「レッスン内容一覧表」の詳細をクリックするとご覧になれます。



■子供向けイタリア語会話レッスン!

子供向けイタリア語会話レッスンは、言葉遊びの感覚で楽しくイタリア語を学べる♪ 
小学生から中学生までの年齢に応じた子供向けの厳選されたテキストを用いて、「見る、聞く、話す、読む、書く」が自然に身に付くように、楽しい雰囲気の中でレッスンします。
テキストは無料でお渡しします。

受講されるのは、お一人でも、兄弟一緒でも、パパもママも一緒にでも大丈夫です。
 ←『文法ゼロ』 クリックするとサンプルページが見れます。 『文法書』→ 



■中学生・高校生向けイタリア語会話レッスン!

中学生・高校生向けイタリア語会話レッスンで使用するテキストは、CILSイタリア語検定試験にも準拠しているテキストです。カラフルなページで楽しくレッスン出来、付属のリスニング用音声ファイルで沢山のイタリア語会話を聞きながらイタリア語が上達します。
テキストとリスニング音声ファイルは無料でお渡しします。 
サンプルページを見る(←クリック)


■eメールで作文の添削・校正 校正・添削(生徒さん以外の方にも添削や翻訳致します!)イタリアーノ塾の生徒さん以外の方でも、イタリア語検定試験対策として作文力の向上を目指している方、或いは、イタリアの知人にメールを送りたい方、facebook等に掲載する自己紹介文なども含め、ご自分で書かれた作文をメールで送っていただければ、通常は翌日までに添削・校正、又は翻訳してメールでお送りいたします。日曜・祝日やシステムメンテナンスなどの何らかの都合で翌々日に返信となることもあります。

日本語から伊語への添削・校正料金

日本語原文の文字数

添削料金

分野

200文字まで

1000

一般分野から

商談まで

201文字以上

5/1文字

伊語から日本語への添削・校正料金

伊語原文の単語数

添削料金

分野

100単語まで

1000

一般分野から

商談まで

101単語以上

10/1単語

*********************************************

日本語から伊語への翻訳料金

日本語原文の文字数

翻訳料金

分野

200文字まで

2200

一般分野から

商談まで

201文字以上

11/1文字

伊語から日本語への翻訳料金

伊語原文の単語数

翻訳料金

分野

100単語まで

2200

一般分野から

商談まで

101単語以上

22/1単語


単語数の確認は、Wordの「ツール」の「文字カウント」機能が便利です。

また、イタリア語音声データから日本語への翻訳もお引き受け致しますので、ご相談下さい。
音声データは、CDMP3等でご用意いただきますが、その他のメディア媒体についてはご相談下さい。
スカイプ通話での取材(会話・インタビュー)から翻訳までをご依頼される場合もお引き受け致します


ご利用方法は、
① ジャパンネット銀行口座へのお振り込み(口座番号は「料金とお支払い」のページに記載)
② ご自分で作られた作文を メールアドレスmarchesifiorenza@hotmail.com まで送ってください。メールにはお振り込みと同じお名前をご記入下さい。
③ ご入金確認日の翌日、又はメール送信日の翌日までに、添削・校正・翻訳した作文をメールで送信します。

イタリアーノ塾の生徒さんは、レッスンで習ったことを復習の意味で、レッスン後に作文や宿題のテキスト練習問題の回答を講師にメールで送信していただけば、無償サービスで添削・校正を、又は正しい解答を返信いたします。レッスン時間外に復習することで、レッスンに集中することが出来、効率よくイタリア語を学べるようになります。 レッスンした内容に関係の無い作文なども含め、宿題の添削量が多いと判断した場合はレッスン時に添削・校正・翻訳致します。

inserted by FC2 system